無駄なものがない自然界には多くの場所でフィボナッチ数列が発見されます。手前2つの合計値を3つ目に置き続けて出来上がる数列(0,1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144, … )です。また、隣り合うフィボナッチ数列同士の比率が世間一般の黄金比率と呼ばれるものです。